修繕積立金の相場と適正価格

マンションに住む方必見!修繕積立金の適正価格と相場はいくら?

一戸建てとの比較から見るマンションの特徴

何のために使う?

そもそもなぜマンションの修繕計画というものがあるのでしょうか?
マンションは多くの人が居住する場所であるため、一戸建てよりも高い安全性が求められます。
そのため10年を超える長いスパンで修繕計画を組むのです。
これには多額の費用が必要とされるため、居住者それぞれが修繕積立金を払うことになるのです。

管理費はマンションの共有部分の日常管理のために払う費用ですが、こちらもマンションの暮らしをより良くするための費用といえるでしょう。
管理費であれ修繕積立金であれ、マンションの居住者として平等に払わなければいけない費用です。
これがあって初めて、マンションでの安心・安全で快適な生活が保証されるといってよいでしょう。

「安いからいい」は間違い

やはりマンションにかかる費用はなるべく安い方がよいですよね?
修繕積立金もなるべくなら安いマンションを選びたいという心理は或る程度働くと思います。
しかし修繕積立金が安いからといってよいことばかりではないということも頭に入れておきましょう。

そもそも修繕積立金が安くなるのは、居住者を増やすための作戦であることがよくあります。
この費用を安く設定しておくことで、他のマンションよりも安く見せることができるのです。

しかしマンションの修繕はいずれ必要になるものです。
この費用がなければ、マンションの修繕を見送るしかなくなります。
そうなれば建物の安全性という点で不安が出てくることは否定できません。
ですから修繕積立金が安いのは良いことばかりではないのです。